QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食企業の裁判や事件がわかるサイト

2007.09.18
外食産業に転職する前に

「白木屋」問題


白木屋で有名な(株)モンテローザが行っていた

・遅刻は1万円の賃金カット。 欠勤は8万円の賃金カット。
・2週間前に申請しなければ有給休暇を認めない。急病や肉親の不幸でもダメ。
・回覧一枚で一方的な賃金カット(98年1月と4月。合計3万円)に対して、

3人の女性社員が立ち上がり、労働組合を結成して、38億円の未払い残業代をみとめさせた事件です。この事件後、モンテローザは2ちゃんの就職、転職板で日常的に書き込みが今も続いています。各リンクをみていただければわかりますが、外食産業における長時間に及ぶ営業時間が社員の労働時間にどう影響しているか?や雇用者と経営者の関係性、組合の役割(すかいらーく過労死事件も参照すべき)など、外食産業の問題点を象徴する大きな事件でした。この事件はモンテローザに限定されるようなことなのか?あるいは外食産業における氷山の一角に過ぎないのか?は、それぞれが検討していただければと思います。



「白木屋」問題のページ

3女性のたたかいが居酒屋チェーン店をゆるがした (株式会社きかんし) 

白木屋・魚民で飲みません!

居酒屋「白木屋」が残業代未払いって本当?--労組が社長を告発 (Nikkei)

社員に未払い残業代38億円 (日本共産党)

モンテローザ (Wikipedia)

外食産業に転職する前に

労働相談センター・スタッフ日記 

(すかいらーく元店長 過労死について)


労働相談センター・スタッフ日記 (すかいらーく元店長 過労死について)


(この事件の概要)
ファミリーレストランすかいらーくの店長であった中島富雄さんが脳梗塞(こうそく)を発症し、2004年 8月15日に過労死したことを受けて、妻の中島晴香さんが全国一般東京東部労組に加入して、富雄さんが加入していた「すかいらーく労働組合」を相手取り、組合の義務を果たさなかったことの謝罪などを求め、武蔵野簡易裁判所に民事調停を申し立てた。ほぼ2年間、争って、和解。
 

このブログでは、
労働組合のトップである吉田委員長が富雄さんが亡くなって間もない時期に「店長は誰の助けもなく、忙しさも半端ではありません。しかし、本当にできる店長、つまり強い店長は、その中でも休みを取れるのです」などと発言し、雑誌で公表した事に対して、「労働組合としては、まず過労死が出るほどの劣悪な職場環境の改善を会社に求めるべきです。しかし、吉田委員長の発言は逆に店長に責任を負わせています。中島さんを冒とくするものです。」と痛烈に批判しています。

この過労死事件は絶対、外食産業に関心がある人は知るべき事件です。
すかいらーくだけでなく、外食産業の多くが、普段、店で一人だったり、数人で運営しているのが当たり前で労務状況が非常に不透明な業界です。自身に労働時間の裁量権があるというのは、無理をしやすい環境にあります。こんな悲しい事件は二度と繰り返してはなりません!


(この過労死事件について書いたリンク)

労働相談センター・スタッフ日記

asahi.com(過労死遺族が基金立ち上げ 根絶目指し他の遺族ら支援)

すかいらーく (個人サイト) すかいらーく 過労 死について

ジャパンユニオン・東京東部労組・労働相談センター(「すかいらーく」過労死遺族の中島晴香さんらが厚労省や連合に反対を申し入れ)

労働相談・労働組合日記 (過労死へのすかいらーく労働組合(ゼンセン同盟)の責任)

藤本事務所社労士事務所 (すかいらーく労組に調停申し立て(=過労死した店長の妻) 


外食産業に転職する前に

すかいらーく (個人サイト)

基本的にはすかいらーくに関するサイトや記事をあつめて載せている個人サイトです。しかし、よく集めたなぁという感想です。管理人本人のコメントなどは載っていない無機的なサイトですので、リンク集的に利用すればよいと思います。特に離職率と過労死の項目は必見です!


すかいらーく 離職 率

すかいらーく 過労 死


外食産業に転職する前に

マクドナルド裁判

マクドナルド店長 高野広志さん(埼玉県内の直営店長)が残業代求めて起こした訴訟を支援する形で労働問題を専門にしている方が書き綴ったブログです。この裁判は外食に関わる人間にとっては非常に深刻な点が争点になって争われました。つまり、「店長は管理監督者」か否か?」です。店長が管理監督者なら残業代を企業が支払わなければなりませんが、管理監督者じゃなければ支払い義務はありません。最近、労働基準監督署が紳士服のコナカの店長が全員、管理監督者とは認められないとし、店長にも法定労働時間を適用する指導しています。労働相談センター・スタッフ日誌参照外食産業に従事するものにとっても非常に重要なテーマです。


マクドナルド裁判

マクドナルドは残業代を支払え

マクドナルドの「店長」は管理監督者か(オーマイニュース)

マクドナルド店長残業代支払い裁判が労働基準法改定に及ぼす影響



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。